審美歯科

審美歯科

天然の歯のように白く形をきれいに

補綴

虫歯の治療などで削った歯に金属やセラミックスの詰め物やかぶせ物をすることを補綴(ほてつ)といいます。周りの歯がある程度残った場合には詰め物をします。かぶせ物は歯の全周を削り、歯全体を覆います。

中でもセラミックスの補綴物は透明感があり、天然の歯のような自然な白さを再現できるなど審美性に優れています。歯垢(しこう)が付きにくいという特徴もあります。一部を除き金属アレルギーの心配もありません。セラミックスはほとんどの種類が自費診療となりますが、こうした長所があります。

セラミックスの詰め物・かぶせ物の種類

オールセラミックス

素材がセラミックス100%。従来のオールセラミックスのほか、e.max(イーマックス)やジルコニアセラミックス、フルジルコニアなどの新しい素材があります。

e.max

最先端のセラミックス。従来のオールセラミックスの審美性に加え、強度としなやかさが増し、耐久性があります。

ジルコニアセラミックス

かぶせ物の内側の基礎となる部分に人工ダイヤモンドと呼ばれるジルコニアを使用。従来のオールセラミックスより強度があります。

フルジルコニア

素材のすべてがジルコニアで、強度に優れています。ジルコニアには金属と同等の強度があります。

メタルボンド

かぶせ物の内側の基礎部分に金属を使用。割れにくいなど強度はありますが、金属部分が光を通さないため透明感が劣ります。金属アレルギーの心配もあります。また、歯茎が痩せて下がると金属部分が見えてしまうことがあります。

ハイブリッドセラミックス

セラミックスとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜた素材。オールセラミックスよりも軟らかく、周囲の歯を傷めにくいという長所がありますが、色調は多少劣り、時間がたつと変色します。保険の適用になるものがあります。

治療について

色合わせ、形、期間など、ご満足いただくまで何度でも

補綴物の材料はいろいろあり、費用もさまざまです。
患者さまの状態を拝見し、また要望をしっかりとうかがい、実際製作に当たる歯科技工士も加えたチームワークの下で、十分に患者様とカウンセリングのもと、満足いただけるものをご提供できるよう治療計画を立てます。審美性に大きく関わる色合わせには十分時間をかけます。患者さまが納得されるまで調整を繰り返します。まずは、あなたのお悩みをお気軽に心斎橋、長堀橋の当院までお聞かせ下さい。

セラミックスの料金

前歯部(上下) オールセラミックス 10万~12万円(+税)
臼歯部(上下) オールセラミックス 6万円~(+税)
ハイブリッドセラミックス 3万5,000円+税(3万7,800円)

デンタルローン・クレジット対応可能。お気軽にお問合せください。